Scenes of garden まきむら

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

BLOG
スタッフブログ

Scenes of garden まきむら > スタッフブログ

耐震エクステリア

2018.06.21

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

先日、大阪府を中心に大地震が発生し、

 

ブロック塀が倒壊し、痛ましい事故が起こってしまいました。

 

私たちができることは何かということで、

 

耐震に力を入れている大林株式会社の2製品をご紹介します。

 

 

①FIT WALL(フィット ウォール)

 

下の門柱は弊社に展示されているものです。

 

 

実はこちらは「木材」でできております。

 

もちろん防水加工されており、

 

木材の腐食の原因は、菌・水分・酸素・栄養の4つの要素が全て揃って始まります。

 

しかし、大林さんは独自の技術で4つ全て取り除いております。

 

腐食に強く安心できる製品です。

 

そして、何よりこのFIT WALLはコンクリート塀に比べ1/5の軽さとなります。

 

この製品の耐震性能は本体の軽さにあります。

 

軽量構造、構造計算、社内実験に基づき安心な躯体となります。

 

 

 

 

②FIT POWER(フィット パワー)

 

こちらは、現在のブロック塀を解体するのではなく、補強するものです。

 

例えば相手側の土留めになっていたりして、なかなか解体もできない際に有効です。

 

耐震補強金具により、コンクリートブロック塀が瞬間的に転倒するのを防ぐものです。

 

破損を防ぐものではなく、瞬間的な転倒を防ぎ人命を守ることを主とした製品です。

 

狭小地に控えブロックが邪魔なこともありますが、

 

こちらは通ることも可能です。

 

 

 

いつ地震を含めた災害が発生するかわかりません。

 

私たちができる形から災害が起きたときに悔やむことの無いよう、

 

日々考えていきたいと思います。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

カーポートについて①

2018.06.17

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

梅雨に入り、雨も降る日もしばしばございます。

 

半ば強引ですが、雨といえばカーポートです。

 

無くても大丈夫ですがあると便利といった製品です。

 

私的には当然雨の日も非常にありがたいのですが、

 

冬場にフロントガラスが凍りにくい方がありがたいと感じております。

 

 

さて、

 

カーポートも多メーカーが製品を出しております。

 

ここでは大手のLIXIL三協アルミ四国化成YKKapの4社について、

 

製品の特徴や性質を比較すると大変ですので、

 

カタログに表記されているカーポートサイズの見方のご説明です。

 

例えば、間口約5400mm、奥行約5000mmの一般的なサイズの2台用のカーポートですと、

 

54-50型5054545051-54

 

といったようにメーカーによって表記が異なります。

 

正直、私も一瞬迷うこともあります。

 

簡単にまとめますと、

 

間口×奥行の順で表記されているのはLIXIL四国化成

奥行×間口の順で表記されているのは、三協アルミYKKap

 

となります。

 

なお、数字はおおよその屋根サイズとなります。

 

メーカーで比較する際は、間口と奥行を間違えないようにすることがポイントです。

 

 

 

ちなみに、

 

サイズの他に、標準柱、ロング柱、H25柱、ハイルーフ、延高、といったように、

 

柱の高さの表記もメーカーごとに異なっております。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

イナバ物置

2018.06.14

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

梅雨のわりには雨が今のところ少ないかと思います。

 

それなりに今後は降るかと思いますが。。。

 

 

 

さて、

 

CM等で100人乗っても大丈夫で有名な、

 

イナバ物置ですが、

 

正式にイナバHPに掲載されましたのでご連絡です。

 

 

7月1日より価格が改定となり、カタログもvol.59となります。

 

正直に言いますと値上がりです。

 

 

また、新製品として、

 

タイヤストッカーNEXTA-With(ネクスタウィズ)など登場します。

 

 

ネクスタウィズは物置と駐輪場が一体化となった製品で、

 

ヨド物置でいうエルモコンビとなります。

 

今回はイナバが値上がりしますが、今までの経験上、

 

それに伴いヨドも値上げがある可能性は無きにしも非ずです。

 

詳細が入り次第またお伝えします。

 

 

 

余談ですが、

 

ご存知の方もおみえかと思いますが、

 

イナバの物置に乗っている100人は、

 

社長を先頭として、

 

販売の多い会社(代理店)順のようです。

※以前テレビでそう言っていましたが、変わっていましたらすみません。

 

ゆえに、微妙に毎回社長たちの位置関係が違います。

 

 

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

フェンスについて②

2018.06.06

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

本日、東海地方も梅雨に入った模様です。

 

平年より2日早く、昨年より15日早いようです。

 

昨年が遅かったかと思われます。

 

 

さて、

 

フェンスについて②ということで、

 

今回は、「フェンスの高さ」についてです。

 

ここではアルミ形材フェンスを基準にお話いたします。

 

フェンスの高さの表記として、

 

LIXILT6、T8、T10、T12など、

 

三協YKKなどは、H600、H800、H1000などといった表記がされております。

 

意味合いとしては、ともに同じとなります。

 

本題ですが、

 

例えばT8やH800と表記されていても、

 

実際のフェンスの大きさは80cmではございません。

 

おおよそ72cmとなります。

 

 

実はこの表記の仕方は、

 

柱の高さが80cmという意味合いとなります。

 

よって、ブロックの上などに施工する場合は、

 

80cmの柱を立てて、フェンス自体は72cm、下が8cm空く

 

といった具合となります。

 

よって、T8(H800)+T8(H800)の2段フェンスにした場合、

 

フェンス自体は72cm+72cmとなります。

 

柱の長さを基準として、高さを出しております。

 

 

 

これらは門扉の高さも同じことが言え、

 

06-10と表記された門扉は、

 

門扉自体の幅が60cm、高さが100cmで、

 

柱を立てると下が開きますので、

 

実際は門扉の上端はGLから「100cm+下の空き分」となります。

 

以上、フェンスの高さについての参考でした。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

フェンスについて①

2018.06.01

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

「フェンスについて①」とありますが、

 

私がこの仕事に就いて間もないときに疑問に感じたことについてです。

 

当時思った疑問が、エクステリアをお考えになられる

 

お客様の参考になればと思います。

 

 

 

1回目は「フェンスの長さ」についてです。

 

私がお客様にフェンス1枚の長さをお尋ねされたとき、

 

一般的なアルミ形材フェンスの長さは「約2m」とお伝えします。

(※中には1mやその他サイズがありますが割愛します。)

 

「約2m」です。

 

なぜなら正確に言うと、フェンスの長さは、

 

1975mmや1979mmといったように微妙に2mを切ります。

 

 

 

少し話が飛びますが、

 

フェンス施工の際、メーカーによって呼称は異なりますが、

 

大きく2つにわかれ、

 

①「フリー支柱タイプ」「フリーポールタイプ」等の呼称

 

②「間仕切りタイプ」等の呼称

 

のどちらで施工するかになります。

 

9割以上、①フリー支柱のタイプになりますが、

 

①はフェンスに対し、柱の位置が自由に設定可能のため、

 

ブロック等の柱穴を使用しやすいタイプです。

 

ちなみに、柱は家側に立ち、フェンスは外側になることが一般的です。

 

②はフェンスの両端に柱が立つタイプです。

 

柱とフェンスの見た目はすっきり収まりますが、

 

施工条件が①より厳しいため施工例は少ないと思われます。

 

スチールメッシュフェンスで見かけることが多いかもしれません。

 

 

 

話を戻しまして、

 

先ほどの2mを切る理由として、

 

間仕切りタイプの「柱の芯からフェンスをはさみ柱の芯」までを2mとしているため、

 

フェンス本体は2mを切る構造となっております。

   

 

 

通常は①フリー支柱タイプを使用することが多いため、

 

例えば40mの真っ直ぐのブロック上にフェンスを施工する場合、

 

ちょうど20枚ではなく、

 

40000mm ÷ 1975mmフェンスの場合 = 20.25枚必要

 

というおおよその計算となります。

(ジョイント等の厚みもありますがおおよその計算です)

 

よって、しっかり端から端まで施工する場合は21枚必要になりますので、

 

見積りの数量はそのあたりも加味されております。

 

 

 

補足:

フリーポールタイプのものでも中には2000mmサイズのものもあります。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

「入梅」、「梅雨入り」

2018.05.31

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

最近は天候が思わしくないものの、

 

気象庁の速報値(5月28日)によると

 

まだ梅雨には入っていないようです。

 

梅雨になりますと、施工の日程が変わることがあり、

 

お施主様に大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

さて、

 

全く関係ないのですが、

 

つゆいり」を検索しようとして漢字変換したところ、

 

入梅」と出ました。

 

おや?と思い、ワード等でも変換を試みましたが、

 

「入梅」と出ました。

 

当然、「梅雨入り」とも出ますが、

 

「つゆいり」で「入梅」と変換されることについては、

 

無知でした。

 

偶然ながらではございますが、一つの発見です。

 

 

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

5/24(木)~26(土)の営業時間について

2018.05.23

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

5月24日(木)~26日(土)の間、店長不在となります。

 

つきましては、大変申し訳ございませんが諸事情により、

 

上記の3日間は、16時30分に閉店させていただきます

 

ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願い申し上げます。

 

なお、27日(日)、28日(月)は定休日となりますので、

 

合わせてご連絡申し上げます。

 

 

 

追記:

上記の期間、今年も鹿児島市を訪問します。

青年団体の活動の関連で例年同日に開催される、

薩摩義士頌徳慰霊祭に参列いたします。

また、今年は明治維新150周年のようで同時期に式典もあるそうです。

期間中、ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願い申し上げます。

牧村 諭

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

ドレンエルボの清掃

2018.05.23

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

久方の雨です。

 

樹木にとっては良いものの、施工はほぼストップいたします。

 

久しぶりの雨ですとアスファルトからにおいがします。

 

以前、テレビでやっておりましたが、

 

このにおいはアスファルトではなく埃が原因だそうです。

 

 

 

さて、

 

雨の日はカーポートやテラスが力を発揮いたします。

 

屋根が雨を受け止め、樋を通して流れ落ちる、といったところでしょうか。

 

製品によって、太い樋を使用しているものもございます。

 

その際、雨だけではなく屋根付着したゴミや落ち葉も一緒に樋に落ちます。

 

それが積み重なると詰まりを起こし、

 

雨が流れずオーバーフローする可能性があります。

 

詰まりが生じたら「ドレンエルボ」と呼ばれる箇所の蓋を外して、

 

落ち葉等を取り除いていただくと大丈夫です。

 

   

 

こまめに掃除すると良いのですが、なかなか掃除しない箇所であると思います。

 

もし詰まったときの救済措置として、頭の片隅に置いていただけると幸いです。

 

なお、真下にいて見上げながらキャップを外しますと、

 

思った以上にボタボタと落ち葉が落ちてきますのでご注意願います。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

漏水

2018.05.18

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

前回更新の「立水栓」に少し関連した水道のお話です。

 

 

 

毎月(または2ヶ月に1回)の水道料金が、いつもよりとんでもなく高い場合、

 

可能性の一つとして「漏水」があります。

 

ほんの少しの漏水でも、常に水が出続けているため1ヶ月または2ヶ月のスパンで考えると、

 

使用水量はかなり多くなります。

 

漏水で一番わかりやすいのが「雨も降っていないのに土面が濡れている」といったケースですが、

 

もしかしたら気づかないかもしれません。

 

漏水の可能性を簡単に個人で確認する方法として、


①水道を全て止めていただく。

②各家の敷地にある、四角い青色(または黒色、鉄蓋)の水道メーターボックスの蓋を開いていただく。

③さらに中のメーターの蓋を開いていただく。

④パイロットと呼ばれる銀色の円形の部品が回っていたら漏水の可能性あり。

※漏水情況により早く回っているときもあれば非常にゆっくり回っているときもあります。

※パイロットには凹凸があるためゆっくり回っていても光の反射具合でわかります。

 メーター内部


ただし、あくまでも簡易的な確認方法ですので、

 

詳細は水道業者様にお尋ねいただくと良いです。

 

なお、自治体によって、漏水の場合は水道料金の減免が利く場合がありますので

 

そのような場合は一度問い合わせていただくのも良いかと思います。

 

私が以前勤めていた自治体では、

 

検針後のすべての家の水道使用量を全てチェックし、

(前回から今回までの数値を電卓で計算し使用水道料を算出し、いつもと同じくらいかどうか判断)

 

極端に使用水道料が増えているお宅に赴き、

 

漏水していないかメーターを確認しておりました。

 

そして、漏水の場合は減免申請をしていただければ減免となっていました。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

立水栓

2018.05.17

シーンズオブガーデンまきむら の牧村諭です。

 

エクステリア工事やリフォーム工事で立水栓(水栓柱)を使用することが多々あります。

 

家を建てたときに施工されてあった立水栓を変更したり、

 

散水栓を立水栓に変更したり、

 

庭内に水道を引っ張り立水栓を新設したりといったさまざまなご要望がございます。

 

種類は販売店も把握できないほどたくさんありますが、

 

よく弊社が使用したり、お勧めするものは「補助蛇口仕様」です。

 

メインとなる蛇口のほかに、側面にもう一つ蛇口があるものです。

 

右側、左側を選択可能な製品もありますが、多くは右側となります。

 

利点としては、側面の蛇口にホースを付けっぱなしにしておき、

 

普段はメイン蛇口を使用するといったことが挙げられます。

 

※製品によりホースアダプターが必要な場合もございます。

 

 

 

ちなみに、立水栓のご購入の際にお気をつけていただきたいことは、

 

■立水栓本体、蛇口、補助蛇口 をバラバラで購入の必要がある

 

■立水栓本体、蛇口及び補助蛇口 がセットになっている

 

■立水栓本体、補助蛇口はセット だがメインの蛇口は別で購入の必要がある

 

といったように製品によって販売形態が異なります。

 

金額をみて安価と思ったら本体のみで蛇口は別途、ということもございますのでご注意ください。

 

私自身も見積りの際に注意している点です。

 

蛇口別売りの場合は、ものすごい種類の中からご選択いただく形となります。

 

一例として、

 

   

 

などございます。

 

 

 

ちなみに下の写真の製品は、本体、蛇口、補助蛇口がセットになっております。

 

また、本体、蛇口のみのタイプもございます。

 

 アルミ立水栓ステーク50 補助蛇口仕様(オンリーワンガーデン)

 

50mm角の製品であり、また、落ち着いたカラーバリエーションがご用意されておりますので、

 

どのようなお庭にもマッチします。

庭づくりのお問い合わせはこちらから

株式会社 Scenes of garden まきむら

〒503-0009
岐阜県大垣市坂下町17-1

0584-77-1522

お問い合わせ

PAGE TOP